ミニダッチオーブンで作る牛肉のチンジャオロース(青椒肉絲)

ミニダッチオーブンで作る牛肉のチンジャオロース(青椒肉絲)
ミニダッチオーブンで作る牛肉のチンジャオロース(青椒肉絲)

この記事で紹介する青椒肉絲の特徴

  • ミニダッチオーブンを使って調理(フライパンでも可)
  • 牛肉を使うので、正確には青椒牛肉絲(チンジャオニウロウスー)
  • 牛のステーキ肉を使う(ブロック肉を使った方が美味しい)
  • ピーマンを大量消費できる

牛肉のチンジャオロース(青椒肉絲)のレシピ・作り方

<材料(1人分)>

食材分量備考
ピーマン4個千切り
牛ステーキ肉100g千切り
タケノコの水煮適量千切り
サラダ油小さじ2
A 酒大さじ1
A オイスターソース大さじ1
A 生姜すりおろし小さじ1
A 砂糖小さじ1
A 醤油小さじ1
A 片栗粉小さじ1
少々
胡椒少々
ごま油小さじ1

<作り方>

  1. ピーマン、牛ステーキ肉、タケノコの水煮の千切りを用意する
  2. フライパンにサラダ油を引いて、ピーマンに焼き色が付くまで炒める
  3. タケノコを加えて少し炒め、さらに牛肉を加えて色が変わるまで炒める
  4. 材料Aの合わせ調味料を加え、全体を絡める
  5. トロッとしたら塩こしょうで味を整え、最後にごま油を回し入れて完成

<動画>

レシピ動画はYouTubeの キッチンノート channel で公開中です。ぜひこちらの動画もご参考になさってみてください。

牛肉のチンジャオロース(青椒肉絲)の実践

ここからは実際に青椒肉絲を作った様子をご紹介いたします。

材料の準備

ピーマンはヘタと種を取り除いて千切りにしておきます。ピーマンを炒めると水分が飛んで縮むので、ピーマンは多めに用意するとちょうど良いです。 次の写真のように、ピーマンに焼き色が付くまでしっかりと炒めました。

千切りピーマンを炒める
千切りピーマンを炒める
千切りピーマンを炒める
千切りピーマンを炒める

千切りされたタケノコの水煮と、細切りにした牛肉を用意しておきます。牛肉は牛ステーキ肉を使いました。細切れ肉を使うよりブロック肉を使った方が食感が良く、美味しくできあがります。

牛ステーキ肉を半分にカット
牛ステーキ肉を半分にカット
千切りされたタケノコの水煮と牛肉を用意
千切りされたタケノコの水煮と牛肉を用意

調理

ピーマンに焼き色が付いたらタケノコを加えて少し炒めます。さらに牛肉を加えて、色が変わる程度に炒めます。お肉は焼きすぎると固くなりますので、野菜を炒めてから加えた方が美味しく仕上がります。

タケノコを加える
タケノコを加える
牛肉を加える
牛肉を加える

材料Aで作った合わせ調味料を加えます。片栗粉が入ってますのでソースにとろみが付き、具材に味がよく絡まります。ソースは甘めに作ることでピーマンの苦味を抑えてくれます。ソースがトロッとなったら塩こしょうで味を整え、最後にごま油を少し回し入れ香りを付けます。

合わせ調味料を加える
合わせ調味料を加える
ごま油を加える
ごま油を加える

以上で青椒肉絲の完成です!

青椒肉絲の完成
青椒肉絲の完成

ミニダッチオーブンで炒め物を調理すると、本当に美味しく仕上がります!しかもそのまま器になるので、保温効果が持続し、最後まで温かく美味しく食べられます^^

\この味付けで色々作れます/

\ピーマンのおすすめレシピ/

\ミニダッチオーブンで炒め物/

青椒肉絲とは

ところで、青椒肉絲の漢字の意味は次のとおりです。「青椒(チンジャオ)」はピーマンのことで、「肉(ロウ)」はそのままお肉、「絲(スー)」は細切りの意味になります。中国で「肉」と言ったら通常は豚肉を指します。ここでは牛肉を使ったので「牛肉(ニウロウ)」になりますから、正確には青椒牛肉絲(チンジャオニウロウスー)と呼ばれる料理になります。

▶︎ 類似した記事を探す

 
最後までご覧いただきありがとうございます!

▼ 記事に関するご質問やお仕事のご相談は以下よりお願いいたします。
お問い合わせフォーム

関連記事