アルストとメスティンでご飯の炊き方|半自動炊飯、アルコール30cc

アルストとメスティンでご飯の炊き方|半自動炊飯、アルコール30cc
アルストとメスティンでご飯の炊き方|半自動炊飯、アルコール30cc

アルスト(アルコールストーブ)とメスティンを使って、お米を炊飯する方法をご紹介いたします。1人分の炊飯ならアルコール燃料は30ccでお米を炊き上げることが可能です。アルストの火が消えるまでほったらかすだけですから、半自動で炊飯できます。ご参考ください。

炊飯に使う材料

材料分量備考
100g
120ml米の1.2倍
アルコール燃料30cc

アルストとメスティンでご飯の炊き方

  1. 米を研ぎ、メスティンで分量の水に1時間ほど浸しておく
  2. メスティンを五徳、風除けをセットし、アルストに30ccの燃料を入れ着火する
  3. アルストの火が消えたら、メスティンを保温バッグへ移し、15分蒸らして完成

アルストとメスティンで半自動炊飯の実践

ここからは実際に炊飯した様子をご紹介いたします。

ここではアルストをキッチンで使いましたが、本来アルストを室内で使うことは大変危険で推奨されません。真似する場合は各自の自己責任のもと、十分に安全対策をした上で行ってください。

お米の準備

お米を研いだら、お米の重さの1.2倍の水を入れ、1時間ほど浸水させます。アルストだと火力が弱いので、通常より長めにお米を浸水させておくと失敗しにくいです。

アルストで炊飯

メスティンを五徳にセットし、アルストにアルコール燃料30ccを入れて点火します。風よけをすることでアルミ板による熱反射も利用でき、少ない燃料でも炊飯できます。30ccのアルコールで約10分後に自動消火しますので、それまでほったらかしておきます。

アルストで炊飯開始
アルストで炊飯開始

アルストや五徳は手作りしたものを使いました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

保温して蒸らす

アルストの火が消えたら、すぐにメスティンを保温バッグへ移します。そのまま15分蒸らします。メスティンや五徳はとても熱くなってるので、ミトンや手袋などを着用して作業を行ってください。

メスティンを保温バッグに入れて蒸らす
メスティンを保温バッグに入れて蒸らす

写真の通りキレイに炊き上がりました!底の焦げ付きもありませんし、べちゃべちゃしたりもしません。アルストとメスティンでも美味しくご飯が作れます^^

ご飯の炊き上がり
ご飯の炊き上がり

▶︎ 類似した記事を探す #キャンプ飯

最後までご覧いただきありがとうございます!

▼ 記事に関するご質問やお仕事のご相談は以下よりお願いいたします。
お問い合わせフォーム

関連記事